FC2ブログ

すぐに帰れない予感。

前回はバンコク駐在することになった経緯を書きました。

このシリーズ長期化しそう...でも自分で書いてておもしろいので最後まで書こうと思います。長期連載コースです。

マジでバンコクにはドタバタで行きました。それこそスーツケース2つで。
日本で使ってた家具とか家電とかも無理やり実家に押し付けて。

普通駐在生活始まるとなったら一旦下見に来て住む所の目星つけてetc...とかだと思うんですけど、
家は勝手に決められてました。

理由は会社で利用するホテルが近くて出張者や訪問客のピックアップに便利だから。

そんな環境でも現地で色々揃えてひと段落した頃に、色々気づいちゃったというか、気づかされちゃうんです。

あれ?タイ支社現地採用が云々の前に会社として崩壊してないか?

まず現地法人が倒産しかけてました。((((;゚Д゚)))))))

先輩社員とBKK族が来るしばらく前に社長まで交代となっていたのですが、
新社長が色々と調査を始めたところ、財務が終わってました。債務超過寸前!!

先に書いちゃうと使い込みも一部あって前社長は懲戒免職というか、帰任命令とともに会社辞めました。

なんでこんなになるまで放っておいたのか?
それは前社長が超絶ワンマンということもあったのですが、海外支社って結局日本側からすると人ごと。物理的にも距離があるし監査が頻繁にあるわけでもないし。
未だに上場企業でも海外支社初の不正や横領がとんでもないことになってて、本体までもが傾きかけるなんてニュースありますけど、
こういうことが起こる理由ってやっぱり日本からすると海外支社のことは対岸の火事でしかないという感覚があるんでしょう。

こういう状況になってるということは本当に日本の経営陣も知らなかったので、粉飾決算してたんですね。
物理的に会社に金が無くて初めて気づくっていう。

タイ駐在の1年前位からたまにタイの支社にも顔出していて、なんか良く人が変わるなっていうか、来るたびにスタッフ総取っ替えみたいになってておかしいとは思ってたんですが、それでも日本側は気づいてないっていう。

日本側はワンマン前社長のパワハラで辞めてると思ってたらしいです。←マジでアホだけど、俺もそう思ってたし、パワハラは事実でした。

恐らく噂好きのタイ人は経理からの情報とかで薄々色々知ってて辞めてたんじゃないかな。
逆に何も知らない現地採用日本人はのうのうとしていたという。まあ日本人も入れ替え頻繁でしたけどね。

蓋を開けてみるととんでもないことになっていたタイ支社。
まずは日本から援助を受けたり、銀行に追加融資お願いしたりして急場を凌ぎましたが、マジで笑えない状況でした。
この後洪水も来るので、また瀕死になるのですが、それはまた別の機会に。

現地採用Aの失態で火消しと言われて来たけれど、タイ支社自体が想像を遥かに超えるヤバイ状況で、先輩と俺はこの時点ですぐに帰れるというのは諦めてました。

人的問題と財務がヤバイことが発覚しましたが、経営や財務の部分に関しては深入りもできないし本社の別部署が対応してたので、呑気な部分もありました。

後に家族を呼ぶことになる先輩も最初は帯同で来てなかったので、どちらかというと遊び惚けてました。
その時の遊びの様子を書いてったのがこのブログの始まりなんですけどね。

この後も雨後の筍のように次から次へと事件が起きるとは思っておらず...

長期化しそうなので書こうと思ってることを以下にまとめます。
(この通り進むかわかんないですけど)

①現地採用営業マネージャーAのヤバイ事件簿。
②A以上にヤバイ奴がいた!!Bとしておこう。←これは人物特定されちゃうかもなのでやんわり。
③学歴エリート現地採用Cもヤバイやつだった!!
④タイ現地法人の関係会社にもヤバイ奴らが!!←この関係会社は後ほど清算することに。
⑤新社長までもやらかしてクビになる!!
⑥その他もろもろ入れ替わり立ち代わりの現地採用物語。
⑦最初から気づいてたけど、諸悪の根源はやっぱこいつだった。

乞うご期待!!

※知ってる人は知ってると思うけど、こういう事ブログに書いてても特定されることはまずないと思ってます。
なぜならここに書いてる話やこんな会社はタイには腐るほどあるから( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR