スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さしぶりにスクラッチドッグ(通称:犬)へ行った

タイのクラブの営業は相変わらず全体的にデコボコがある感じですね。
裏クラブ系も表クラブ系も営業時間が変則的だったり、輪番で閉店させれられてたり、というのがたまにあります。
これもひとえにパワーバランス。全ては金で解決。

某クラブ幹部談ですが、集客が弱い日曜日とか月曜日はワイロ払ってオープンすると赤字なので、オープンしないそうです。

さて、夜の蝶の巣窟スクラッチドッグはかねてから警察系経営という話はこのブログでもしてきました。

噂によると入口階段を降りてフロアに入る左手でいつもシーシャ吸ってるおじいさんはタクシン派で警察系大物なんだとか。
ちなみに、今はシーシャも吸えなくなってます。

スクラッチドッグ、噂通り警察系ということもあるのか、長らく閉店しておりました。(軍に目をつけられたんですな。)
いつ頃再開したかは忘れましたが、確か3か月くらい閉店していたような。

前置きが長くなりましたが、久しぶりに突入することになりました。

客層変わりましたね。ってのが感想です。客層って言っても夜の蝶メインには変わりないです。

なんか一周して若い子増えたような。

昔しょっちゅう行ってた頃はレギュラーメンバーみたいな奴らがゴロゴロしてたのですが、
そういう子たちもいなくなってたし、
あわよくばスクラッチで客を捕まえようみたいなギラギラ感も薄れてて、逆に客とアフターで来てます感が濃くなりました。

まあ、そんなスクラッチドッグですが、中毒性があるクラブなので、5月頭に顔を出して以降、2週連続くらいで突入しとりました汗。

最後に、箱内でツンデレ美女見つけたので、外で声かけたら5,000バーツなーと言われました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ&広告
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
最新記事
FC2カウンター
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。