スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔の実を食べた話2 俺がタイ語を話せるようになった理由。

スクラッチドッグにいた時すでにかなり酔っぱらっており、
番号ゲットしたし、帰ることした。

そして翌日、もらった番号に電話してみた。が、タイ語しか通じなかった。

英語は本当に少しだけ。自分も当時は少しのタイ語しかできなかった。

さらにその時ジェシカ(道端ジェシカ似なのでジェシカで)の持ってたケータイは折り畳み式のメーカー不明のガラケー。
当然LINEもWhatsappもなにもないのでSMSでの交流。文章だと英語は解してくれた。

あとお姉ちゃんって人が通訳的に介在してくれた。

さっそく飯アポを気合で取ったが、一回目は雨降ってるから行けないとすっぽかされた。

でも、粘ってタイ語勉強してアポくらいなら取れるようになってた。しかし、基本的に気分屋なので
アポの確証はない。何度か会えたり、会えなかったりを繰り返した。

わかったことは。
ジェシカは当時無職で、チェンマイの方の大学卒業したばかりで姉(実姉ではない)のアパートに転がりこんで、
就職活動中ということでプラプラしているだけということだった。

しかし、ジェシカの美貌にやられまくっているので、タイ語もロクに話せないのに毎日電話しまくってた。

続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ&広告
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
最新記事
FC2カウンター
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。