FC2ブログ

海外就職するなら再考を。

現地採用列伝ネタは小休止して、まじめに現地採用で働くことに関して意見を書きたいと思います。

タイは進出日系企業も多いし、(JETROのデータ参照)コールセンター等は外国語能力なしでも採用してもらえる可能性が高いそうです。
常夏だし、日本より安い家賃で良い所に住めるし。
LCCが発達してるのでアジア圏内の旅行は本当に行きやすいと思う。

海外就職を進める人は本当にいいことばかり書いていますが、それ以上に犠牲にするものも多いと思います。
これは自分でなんとかすれば解決できると思いますが、全てを賄おうとするとやはり思い描いてた生活と違うという壁にぶつかることになると思います。
給料が5万バーツから10万バーツという一般的な水準範囲内だとかなりカツカツの生活になるのではないでしょうか。

確かに自分も日本に帰任となってかなり浦島太郎状態で、会議や報告書にうんざりしている部分もあって、またタイや海外駐在に戻りたいなという気持ちが芽生えてますが、でも現地採用は避けたいとどうしても思ってしまうのです。

一番心配事は病気。
駐在員は海外旅行保険に会社のお金で入れますが、これを自分で掛けるとなると、年間13万円程度必要となります。
月々約4,000バーツ。
会社によっては一部現地の医療保険に加入してくれますが、この保険ではカバレッジが少なすぎて、サミテベート病院やバンコク病院等にかかるのは難しいと思います。
一度高熱で入院したことがありますが、一泊で3万バーツ位した記憶があります。
もし大病した際のことを考えるとやはり日本の社会保険制度は充実してます。
仮に現地のがん保険みたいなものに別途加入するとなると、月1,500バーツ位は必要です。

次に年金。
日本の年金制度なんて貰えるかどうかわからないじゃんと言う方もいますが、現実サラリーマンだったら厚生年金加入なのでそれなりには貰えるはずです。
実は現地の養老年金はかなりリターンが良いものがありますが、これにお金をかけるにも10,000バーツ以上のものに入らないと老後悠々自適というレベルには到達できないのではないでしょうか。
(年金についてはもっと調べます。)

そして一生独身ならいいですが、結婚して子供ができた時の問題。出産費用はもちろん、その後もお金がかかります。
タイ人として育てるのであれば、そこまでお金がかからないかもしれませんが、日本人として育てるとなると幼稚園、日本人学校、将来的に日本に留学させる形になると、相当の出費が見込まれます。日本で子供の生活は誰が面倒見るの?という問題も出てくると思います。

かなり大雑把で申し訳ないですが、医療保険、年金その他の保険だけで15,000バーツ程度は最低でも必要だと思います。
それプラス家賃等を考えると、月に25,000バーツ程度の固定費は避けられないと思います。

仮に給料が5万バーツだとすると税金等引かれて手元には15,000バーツ程度しか残らないかもしれません。

これだと海外旅行に行ったり、ゴルフやスパ、定期的に居酒屋で日本食を楽しむというのはかなり難しいのではないでしょうか。

日本に嫌気がさして、行くときは勢いで行けるかもしれませんが、老後や人生設計を考えるとけっこうシビアな世界だなと改めて感じます。

下記のでいぜろさんの動画インタビューに出てくる方も、現地採用になったけれども、現実は厳しいかなというような意見でした。
【暴露】月給10万円でタイで贅沢ができるのか?元コールセンター勤務者にリアルを聞いて見た〔#183〕


海外就職は若いうちに経験としてというスタンスでなら、一概にダメとは言えないかもしれませんが、前途多難だと思います。

日本で早期退職で残りの人生は現地採用で働く、日本で精神的につらすぎて無理など相当な切羽詰まった理由やタイが大好きでいつまでも居たい等の理由がないとやはりどこかで行き詰まってしまうのではないかなと思います。



スポンサーサイト



現地採用の経歴。

現地採用ネタの続きを書きます。

駐在員は出向になった時点で下駄履かされるケースが多いと思います。
なので自動的にポジションアップして、
なんとかマネージャーみたいな役職になります。完全に名ばかり店長と一緒なんですけどね。
確かビザ申請時にマネージャーの肩書きじゃないと申請降りないとかなんとかあった気がします。

BKK族も出向で行った瞬間マネージャーになりました。

一応マネージャーなんで履歴書みたり、採用面接に出たりするんですけど、これが中々おもしろい。

タイは新卒だろうが中途だろうが人材派遣会社経由で申し込んで来るケースがほとんどです。
うちも何社か使ってました。タイ人、日本人どちらも人材派遣会社経由です。

人材派遣会社の収益は採用になった人の使用期間が終わると、その人の給料の何割か分を手数料として
人材派遣会社に支払うという方式で成り立ってます。
なので人材派遣会社としては使用期間終わって本採用になった瞬間また入れ替わってくれるのが一番収益が上がります。
バンコクは求職してる人が多いので次から次へと無限に紹介があります。
だからかわからないけど、こちらが求めてないスペックでもガンガン紹介して来ます。

大卒って言ってるのに高卒紹介してきたり、英語できる人って言ってるのに全然英語できないとか日常茶飯事。年齢層も30代後半までとか言ってるのに爺さん紹介してきたり。
もうほとんど経歴詐称みたいなのが多かったです。
実際に前の会社の退職証明書持ってこれたのは1人しかみたことないです。

ここでこれまで履歴書でみたり、実際に面接したりしたおかしな人たちを紹介します。

・TOEIC990点て履歴書書いてあるけど、英語全然できない。
⇨一応社内の英語のペーパーテストがあるんだけど、ほぼ0点だった。
・面接だけで採用決まると思ってて、ペーパー試験の存在を知った瞬間帰った。
・中国語ペラペラだけど、英語全然できない。
⇨そもそもなんでタイなの?って思ったらやっぱりお姉ちゃん追いかけて来ただけだった。
・履歴書に書いてある大学が大学として認可取り消されてた。そんな大学あるんだ...
⇨聞いたことない大学だから調べたら出て来た。
・元投資銀行勤務を名乗る
⇨そもそもあんた高卒だけど、そんな仕事就けるの?株の質問とかしたけど、やっぱなんも知らなかった。
・慶應義塾大学二部卒
⇨慶応に二部ってあるの?
・変な宗教入ってて宗教上の理由でできないことを延々述べられる。
・退職証明書出せる?前の会社は潰れました。
⇨ググると普通にやってる。これ以外にもパワハラで辞めたので連絡取りたくない等etc...
・ワーホリ行ってました。英語ペラペラです。
⇨英語全然できない。片言以下。ワーホリでは牧場で働いてただけっぽい。
・実家と連絡が取れない。
・給料の前借りを申し込んで来る。
・彼女と一緒に面接に来る(これはタイ人だけど)
・卒業証明書持ってない。
・面接に完全な私服で来る。
・タイ国内でもブラックと言われている居酒屋、不動産屋勤務を点々としている。
・そもそも就業経験がない。

いやー冷静にみてもひどいですわ。

これがタイの現地採用の現状だし、保証人とか取らない分ハードルも低いんでしょうけどね。
それに加えて人手不足だったりで、一部目をつぶって採用してしまうのも事実。
現地採用の採用基準の厳格化もそうですが、やはりエージェントにも少しは管理して欲しい。
でもそのエージェントも現地採用っていうね。
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR