カラオケちゃんねーのキャリア形成

twitterが主戦場になりすぎて、ブログやってたこと忘れてたくらいの勢いですが、久しぶりに書きます。
そもそも、このブログの名前がダサいなと思ったのでブログ名も変更します(予定)。

カラオケとか水商売のお姉ちゃんって歳食ったらどうすんだろう?という疑問は誰しも一度思ったことがあると思うのですが、

あるカラオケちゃんねーからカラオケ辞めて人生の第二ステップを歩みはじめたよ。と連絡があったので、書くことにしました。

一般的にカラオケ姉ちゃんのあがりって、結婚、コーヒーショップ等小さいながらも自分の店を持つ、思い切ってコンド買ってその家賃収入で細々と生きていく、援助だけで生きてく、みたいなパターンが多いと思うのですが、
今回のパターンは

“農業”!!

もう田舎に引っ込んで細々と農業しながら過ごすわということでした。

写真とか動画が送られてくるんですが、広い土地で何人か農民を雇って開墾してる様子です。

ただ、イサーンの大地は見るからにやせ細っており、獲れた作物はほっそいジャガイモ。

先行きが不安になる感じですが、遠くから細々と応援しております。


スポンサーサイト

タニヤとスクンビットのカラオケの違い(ほぼ想像)

先日タニヤに遊びに行った時にコスパいいなーと思ったので書きます。

タニヤのカラオケのシステムはほぼセット料金で一時間800バーツ~等が相場です。

それに比べるとスクンビットのカラオケは料金体系が非常に曖昧な感じですが、
一時間でも二時間でも一人約2000バーツ弱という感じです。ちなみにボトルが入っている前提で。

2時間居ればタニヤとそこまで値段的には変わらないのでしょうが、ボトル入れていることを考えると
スクンビットのカラオケはちょっと高いかなと思います。

また、スクンビットのカラオケ嬢はなんとなく嬢の入れ替わりが少ないかなと。

タニヤで遊んだことがほぼないので分かりませんが。

カラオケは日本から友人が来たときや接待で行くケースが多いのですが、
下手にゴーゴーバーハシゴしたりするより結局は安くつくケースが多いので、重宝してます。

で?っていう記事になってしまいましたが以上です。

タニヤのマーメイドへ行って来た

普段はゴルフ用具見に行くとか、内田家のラーメン食べたい時とかしかタニヤへは行きませんが、

日本から友人が来ていたので、タニヤ近くのマンゴツリーで食事をするために向かいました。
マンゴーツリーは定番のレストランだし、おいしいです。
日本人向けに相当辛さ調整した感じがありますが、観光客にはこの辺りが間違いないかなと。
初めてオーダーしたココナッツアイスクリームは手作り感があって美味です。すごくバターの濃い感じがしました。

さて、飯食ったあと軽くビールを飲んでたのですが、男二人なので、どーする?
って感じになり、結局タニヤ通りへ。

スクンビット住みにとっては夜のタニヤ、完全アウェーです。

どこへ行けば良いのか良くわからない...マーメイドってなんとなく聞いたことあるかも...
という感じで客引きのおばちゃんに連れられてマーメイドへ入店。

1時間飲み放題800バーツでフルーツサービス。

お店は2階か3階にあるのだと思いますが、エレベーターに乗ろうとしたら、
エレベーター脇に立ってたお姉ちゃんから『ガオリー?(韓国人?)』というタイ語が...
日本人だし!!って言うと、恥ずかしかったのか俯いていました。

でもこの子がめっちゃタイプ。佐田真由美ってみなさんご存知ですかね?
一昔前に本当に小さなブームがあったモデル出身の女優です。
とりあえず佐田真由美とめっちゃ似てたので、指名しました。持ち帰りアリの子だったので、軽く迷いました。

友人もファーサイ系のかわいい子を指名。こちらは赤札で持ち帰り不可。

タニヤのカラオケはババアばかりで、持ち帰り前提じゃないと態度急変というイメージだったのですが、
今回行ったお店はそんなことゼロでした。

女の子の性格にも寄るのかもしれませんが、言葉ができない友人には言葉の教え合いで対応したりと
しっかり接客してくれたしね。

タニヤなんて観光客の行くところで、駐在はスクンビットのお姉ちゃん囲うんやでーガハハハって感じでいたのですが、
タニヤいいっすね。また顔を出してみようと思います。

内田家のラーメンmenra.jpg


カラオケの良い面

先月、今月と来客が多く、日本人向けカラオケに行くことが相変わらず多いです。

昨年から、カラオケは会社の領収書切れないし、自腹で行くし高いのであんまり行きたくないのですが、

悪いことばかり書いててもアレなので今日はカラオケのいいところを書いて行きます。

悪口はこちらを参照してください(笑)カラオケは高い。

良い所を番号順に
①日本語が通じる。

②多少なりにも日本人の欲しているものがなにかわかってる子が多い。
サービスも悪くないし、ゴーゴーみたいに連れ帰らないから態度悪くなるとかもない。

③日本のカラオケシステムがあり、女の子も歌えたりするので間は持ちます。

④大型店に行けば在籍数が数百人規模のところも。持ち帰るか、持ち帰りなしか選べる。
何店舗も回らずにまあ選べる女の子がいます。

⑤基本的に管理されてるので、盗難や性病のリスクは少ないかと。

⑥仲良くなって望めば観光とかもアテンドしてくれる。

ざっと以上でしょうか。

盗難や性病等のリスクはもちろん自己管理が必要ですし、向こうも商売なのできちんと対価を払うことが前提ですが、
嫌がることをしなければ楽しく遊べると思います。

また、そこは違うだろということがあればチーママなりにはっきりと文句言ったら良いと思います。
甘やかしてもお互いに良い事ないですから。

悪いことばかり書いてましたが、いいことだらけですねw








タニヤのカラオケに行った。 2年ぶり2回目くらい。

先日いろいろあってタニヤのカラオケに行きました。

どこもセット料金ってやつで1時間600バーツ+お姉ちゃんへの飲み物代なんですね。
800バーツのとこもあったかな?

おばちゃん多いっすね。嫌いじゃないけど。

そしておばちゃん酒ガンガン飲みますね。お姉ちゃんへのビール一杯260バーツ。

これを1時間で2杯も3杯も飲まれたら、スクンビットのカラオケの方がいいだろってなるレベル。

あと日本人の客引きがうざかったので外人のフリしてたらガオリー言われまくりました。

タニヤって日本人以外のお客さんお断りみたいなこと言ってました。日本語ペラペラな外国人は
どういう扱いになるのか気になる。

持ち帰りたい気持ち前提の人と一緒じゃないと、もう行くことないかなってのが正直なところです。

サクッと飲んでサクッと持ち帰って、
日本語でコミュニケーションできるという意味では、最高のシステムなんでしょうけどね。
ブロマガ&広告
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
最新記事
FC2カウンター
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR