スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケちゃんねーのキャリア形成

twitterが主戦場になりすぎて、ブログやってたこと忘れてたくらいの勢いですが、久しぶりに書きます。
そもそも、このブログの名前がダサいなと思ったのでブログ名も変更します(予定)。

カラオケとか水商売のお姉ちゃんって歳食ったらどうすんだろう?という疑問は誰しも一度思ったことがあると思うのですが、

あるカラオケちゃんねーからカラオケ辞めて人生の第二ステップを歩みはじめたよ。と連絡があったので、書くことにしました。

一般的にカラオケ姉ちゃんのあがりって、結婚、コーヒーショップ等小さいながらも自分の店を持つ、思い切ってコンド買ってその家賃収入で細々と生きていく、援助だけで生きてく、みたいなパターンが多いと思うのですが、
今回のパターンは

“農業”!!

もう田舎に引っ込んで細々と農業しながら過ごすわということでした。

写真とか動画が送られてくるんですが、広い土地で何人か農民を雇って開墾してる様子です。

ただ、イサーンの大地は見るからにやせ細っており、獲れた作物はほっそいジャガイモ。

先行きが不安になる感じですが、遠くから細々と応援しております。


スポンサーサイト

さしぶりにスクラッチドッグ(通称:犬)へ行った

タイのクラブの営業は相変わらず全体的にデコボコがある感じですね。
裏クラブ系も表クラブ系も営業時間が変則的だったり、輪番で閉店させれられてたり、というのがたまにあります。
これもひとえにパワーバランス。全ては金で解決。

某クラブ幹部談ですが、集客が弱い日曜日とか月曜日はワイロ払ってオープンすると赤字なので、オープンしないそうです。

さて、夜の蝶の巣窟スクラッチドッグはかねてから警察系経営という話はこのブログでもしてきました。

噂によると入口階段を降りてフロアに入る左手でいつもシーシャ吸ってるおじいさんはタクシン派で警察系大物なんだとか。
ちなみに、今はシーシャも吸えなくなってます。

スクラッチドッグ、噂通り警察系ということもあるのか、長らく閉店しておりました。(軍に目をつけられたんですな。)
いつ頃再開したかは忘れましたが、確か3か月くらい閉店していたような。

前置きが長くなりましたが、久しぶりに突入することになりました。

客層変わりましたね。ってのが感想です。客層って言っても夜の蝶メインには変わりないです。

なんか一周して若い子増えたような。

昔しょっちゅう行ってた頃はレギュラーメンバーみたいな奴らがゴロゴロしてたのですが、
そういう子たちもいなくなってたし、
あわよくばスクラッチで客を捕まえようみたいなギラギラ感も薄れてて、逆に客とアフターで来てます感が濃くなりました。

まあ、そんなスクラッチドッグですが、中毒性があるクラブなので、5月頭に顔を出して以降、2週連続くらいで突入しとりました汗。

最後に、箱内でツンデレ美女見つけたので、外で声かけたら5,000バーツなーと言われました。

とりあえず広告を消すよ。

バンコククラブは下火ですよ。

まあまあ遊んでるけどね。

最近は主戦場ツイッターです。

こちらがTwitter

フォローよろしくお願いします。

バンコククラブ事情はまた厳しい状況に

最近軍政の締め付けが厳しく、またクラブが取り締まられてるみたいです。

一番驚いたのはデフォルトの営業時間が朝まで営業するようなクラブが摘発されたことですね。

例えば商売女御用達クラブCLIMAXとか。

警察とかに賄賂払いまくってるから朝まで営業が許されているのかなと思っていましたが、
その警察への賄賂が仇となっている可能性があります。

今は軍政なので、警察とは一応敵対関係。
おまえ警察と仲良くし過ぎじゃね?といちゃもんつけられてガサ入れされてると思います。

まあタイランドなので表では犬猿の仲に見せかけておいて裏ではズブズブって可能性は高いと思ってますが。

朝まで営業のハズがルール上の2時閉店になってるお店も多数あるみたいで、しばらくはクラブ遊び難しそうな状況です。

タイでは定期的にこういう時期がありますが、そのうちまたユルユルになるのもタイです。

それにしても何が起きてもジャンジャンバリバリ営業しているスクラッチドッグはある意味すごいなと。

どんな暗黒パワー使ってるんだろうか気になってます。

以上。

アポ取ってた女の子が連れてくる友達は期待外れ。

こないだクラブ行ったときの失敗談。

とあるタイ人の女の子に俺良いクラブ知ってるぜーって話をしたら、
行きたい行きたいっていう女の子がいたので、約束してスクンビットソイ11のクラブに出動しました。

こういう場合、タイ人女性は大体友達やら親戚やらなんやら同性の友達も一緒にいい?ていうケースが多いです。
クラブ遊びに限らず、タイ人はなんでもかんでもそういう場合に誰かを連れてくるケースが多く、それに慣れているので
普通にいいよーと返事します。
ある程度仲良くなってくればガンガン一人で来ますが、知り合ったばかりは誰か連れてくるのはタイデフォルトと思ってよし。

しかし、こないだその子が連れてきた友達Sちゃんは強烈でした。

まず、酔っぱらってた。なんかの集まりがあって知り合いと飲んでたらしく。
それは良いとして、服装がダサい。まあ、タイ人デフォルトなんだけど、クラブに行く恰好ではなかった。
主役の女の子はもともとクラブ行く気マンマンだったから高いヒールに黒のワンピでキメキメだった分その子の服装の
ダサさが際立ってた。
さらに、ファッションセンターしまむらの袋みたいな、やたらでかい袋持ってるし。

結構酔っぱらってるみたいで、こいつ大丈夫なんかな?と思ってたけど、目的の場所近辺で復活。
渋滞でタクシー30分以上乗ってたのが良かったのか..

しかし、復活したと思いきや腹減ったと。

腹減った腹減ったうるさいので、近くのバーに行くが、遅い時間だったのでフードメニューは終了。
すると、先ほどの巨大袋から鍋用野菜セット的な感じの野菜が入った袋を取り出し、店員に中で食べていいかと聞く始末。
店員苦笑い。

諦めたのかクラブ行こうというので、中に入るが、セキュリティーに袋を咎められ、強制お預かり。

で、結局クラブでしばらく飲んでたんだが、ノリが悪い。

理由はこの音楽のジャンル嫌い。RCAなら私のノリノリを見せられたのにと言い出す始末。

めんどくさくなったので、いつも会う常連のタイ人姉ちゃんと乾杯とかしてると、再度腹減った攻撃。

メインの女の子が、しょうがないからクイッティアオ食わせて来るわということで、30分ほど二人で退場。

戻ってきたけど、結局なんかノリ切れず、早々に撤収。

タイ人あるあるだらけで、イマイチなクラブ活動だったという話です。

女の子が連れてくる友達はクソが多いんだけど、逆にターゲットの女の子の生態や、友人関係から、その子の素に近い部分を知ることができる場合もあるので、一概に否定はできないし、逆に連れて来た子が超絶美女のケースもあるのですが。

今回は失敗でした。
ブロマガ&広告
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
最新記事
FC2カウンター
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。